HOME
工法ナビとは
複数工法へのお問合せ
工法ナビへの問合せ
工法ナビメールの申込

地下探査の適用技術・電磁誘導法(ループ法2点法)

適用技術 電磁誘導法(ループ法2点法)
登録
機種の選択
原理と
概要図

金属管の二か所に直接送信器を接続することで、電流経路をループとする接続方法で、ガスや水道の配管探査に多用されている。電流の損失が少ないため強い磁界が発生するが、超延長の接続ケーブルが必要となる。

用途・管種 【電力・通信】
金属管 非金属管
ケーブル有 空き管 ケーブル有 空き管
× ×
【ガス・水道】
金属管 非金属管
△※
【下水】
金属管 非金属管
△※

備考

○:精度の高いデータが期待できる。 △:データが不安定で精度が期待できない。 ×:計測不能 ※:ガスや水道の非金属管には探査用のロケーチィングエアイヤー(導線)が並走している場合がある。