HOME
工法ナビとは
複数工法へのお問合せ
工法ナビへの問合せ
工法ナビメールの申込

地下探査の適用技術・電磁誘導法(外磁コイル法)

適用技術 電磁誘導法(外磁コイル法)
登録
機種の選択
原理と
概要図

金属管やケーブルに外磁コイルを取付けて、外磁コイルに送信機を接続する。外磁コイルはトロイダルコアにコイルを巻いた中空の構造となっており、コイルの中心の導体には電磁誘導によって起磁力が生じ、電流が流れることで磁界が発生する。直接、導体に接続することが無いため電力線や通信線の探査に使用される。

用途・管種 【電力・通信】
金属管 非金属管
ケーブル有 空き管 ケーブル有 空き管
×
【ガス・水道】
金属管 非金属管
△※
【下水】
金属管 非金属管
×

備考

○:精度の高いデータが期待できる。 △:データが不安定で精度が期待できない。 ×:計測不能 ※:ガスや水道の非金属管には探査用のロケーチィングエアイヤー(導線)が並走している場合がある。